読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

九州医事研究会(QMIRI)

レセプト請求業務や電子カルテ・PHRに関する話題

ポピュレーションヘルスマネジメントで重要な6段階(6つの"A")

オリオンヘルスのポピュレーションヘルスに関するレポートのご紹介。

White Papers | Orion Health

https://orionhealth.com/white-papers/

The "Six As" for Population Health Management

Suzanne Cogan - VP Sales, USA Suzanne Cogan - VP Sales, USA

https://orionhealth.com/white-paper/the-six-as-for-population-health-management/

ミラー

https://icd11.files.wordpress.com/2015/08/the-six-as-for-population-health-management.pdf

■ポピュレーションヘルスマネジメントで重要な6段階(6つの"A")

「The "Six As" for Population Health Management」

1. ACQUISITION

2. AGGREGATION

3. ANALYTICS

4. ACCESS

5. ACTION

6. ADOPTION

4のアクセスのところには健康情報管理(HIM)専門家にも触れられています。

EHR等の病院情報と外部接続の管理やPHR・モバイルツールとのエンゲージ管理。ポピュレーションヘルスマネジメント、ポピュレーションヘルスアプローチに欠かせない健康情報管理(HIM)専門家の活躍。

ヘルスケア新時代の成果重視の医療モデルには近代的なオープンプラットフォーム、コミュニティツールの活用が必要。医療機関とのネットワーク、気軽にアドバイスが求められる環境づくりが重要となります。

著者のオリオンヘルス副社長は、英語・ドイツ語・フランス語も堪能なスペシャリストですね。2014年に立て続けにレポートを公表されています。

Suzanne Cogan (Nevin)

https://www.linkedin.com/in/suzannecogan

Orion Health: Overview

https://www.linkedin.com/company/orion-health

-----------

-----------

ポピュレーションヘルス(ポップヘルス)は病院幹部が知っておくべき8つの医療IT用語の1つです。

もちろん医療IT担当やDPC担当も同様です。

↓↓

(関連)

■DPCの次に来るポピュレーションヘルス(Population Health)とは何か

http://wp.me/s2Xv05-dpc77

DPCマンスリーレポート6月号・・・DPCの次に来るポップヘルス「Population Health」の解説とAHIMAのPHR・モバイルヘルスアプリガイド作成の取り組みを紹介

-----------

-----------

カイザー・パーマネンテの医療リテライゼーション

http://qmiri.hateblo.jp/entry/2015/08/18/001051

◆病院幹部が知っておくべき8つの医療IT用語

 (院長・事務長が絶対に押さえるべき病院経営対策シリーズ25)

http://archive.mag2.com/0001588268/20150627070000000.html

1.ビッグデータ(Big Data)

2.クラウドコンピューティングCloud Computing

3.モノのインターネット-Iot(アイ・オー・ティー)(Internet of Things : IoT)

4.相互運用性-インターオペラビリティ(Interoperability)

5.モバイルヘルス(mHealth)(Mobile health ( or mHealth ) )

6.患者エンゲージメント(Patient Engagement)

7.ポピュレーションヘルス(ポップヘルス)(Population Health)

 (PopHealth [the term's new nickname] )

8.医療のリテライゼーション(Retailization of Healthcare)